正反対なこと言います! 肉の話の続き

ステーキ

A5とC5だったらA5の方が旨い!

前回の「A5とC5どちらの肉が美味しいのか」問題で、
肉の旨さは変わらないという結論に至りました。
以前「林先生が驚く初耳学」でも同じことを放送していました。
今回はこの定説を深堀していきたいと思います。

結論から言います。
A5とC5だったらA5の方が旨い!


というのが僕の見解です。
おいおい話が違うじゃねーか!
という声が聞こえてきそうですが、ちゃんと理由があります。

肉の格付けは、味での判断はされていないからです。

肉の切り口、断面だけをみて
「肉付き・サシの入り方・キメ など」で格付員の目で判断され、A~C・5~1の格付けが決まります。
歩留まり等級の「A~C」
高い確率で下記のように分けられます。

Aは「和牛」、BCは「交雑牛・ホルスタイン」
※まれにAの交雑牛もいます。BCの和牛は普通にいます。

仙台牛等級

仙台牛銘柄推進協議会

http://www.sendaigyu.jp/about/index.html

ナゼそのようなことになるか?
純粋な肉付きも和牛の方が秀逸ですし、なにより交雑牛などは骨の太さが和牛より太めです。
そのため枝肉からとれる肉の量が和牛より数パーセント悪くなってしまうのです。


そういったことから、和牛はAとされる確率が高く、交雑牛などはBCと評価されることが多くなるのです。


このことを前提に考えると
A5の肉は、ほぼ間違いなく和牛です!


C5の肉は肉付きの悪い和牛か交雑牛である可能性が高いです。
※ただ肉質は5等級なので肉質良好なことに変わりはない


味の趣向は人それぞれですが、
一般的に「交雑牛」よりサシのはいった「和牛」を美味しいと評価する方が多いです。
そういうことをふまえた上で、A5の方が美味しい確率が高い!というワケです。


ちなみに僕は血が滴るような赤身の肉が大好きなので、交雑牛だったり輸入牛の方が好きだったりします。
※格付けされるのは国産牛だけで、輸入牛は格付けされません。


いきなりステーキとか大好きです。
田舎だから近くにはないんですけどね。。。笑
あれを硬いとかいってる人の感覚がわからない。
よっぽど育ちがいいんだろうな。(僻みっぽいか 笑)
あの噛んで肉喰らってる感が最高なんじゃないか!と思ってしまいます。
皆さんはどんな肉が好きですか?

「面白かった!」「役立った!」と思ってくれたならポチッと応援お願いします♬

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA