仙鳳趾産「真牡蠣」

牡蠣

仙鳳趾の牡蠣は日本一旨い

牡蠣


岩ガキのような強い甘みとコク!
とゆーか岩ガキよりクリーミーかも。笑

そのコク
 クリーミーさ圧倒的!

北海道の牡蠣といったら厚岸産が有名ですが、その厚岸町から小一時間の場所(厚岸湾の端)に仙鳳趾村はあります。
20㎞程しか離れていないのにその味わいはハッキリと違います。


昆布が多数生息する地域なので、プランクトンなどの栄養も豊富です。(昆布森なんて地名があるくらいです)
そして湾の背後には釧路湿原があり、そこを通った地下水が海に流れ込む為、大地と海のミネラルが混ざり合った、牡蠣にとっては最適な海域となっているんです。

味わい

カキをナイフで開けると、まず第一波。
潮の香りに鼻をバシッと一発やられます。
そして殻に対して身のサイズが大きいこと大きいこと!
厚岸産がふっくらしているのに対し、仙鳳趾産はプリプリ締まっているのも特徴です。


それを耐え忍んで、口に放り込んでみます。
第2波が!
白い艶やかなプルプルの身を一噛み。
「プチッ」とハジける食感がなんとも心地いい。
味はとにかくミルキー&クリーミー!
とろーりと独特の濃い味、強い甘みとコク。



口の中の「食感」「味覚」という機能に
殴り込みをかけられた感じです。笑


味が濃い場合、
えぐみや苦みも強いことがあるんですが、
この牡蠣にはそれがありません。

濃厚だけどサッパリしている。
相反する2つの印象が不思議な感じです。


唯一欠点を挙げるとすると、
剥くとき皮が破けやすいとこです。
が!許してあげましょう。
味には関係ないし、これを読んでるあなたと一緒で繊細なんですよ。きっと。ハハハ


「数ある産地の中から一つだけ食べていい。」
という選択があったなら 僕は迷いなく「仙鳳趾」を選びます!
仙鳳趾LOVE!仙鳳趾LOVER shingo と言っても過言ではありません。
それくらい自信をもってオススメする牡蠣です!
そして至宝牡蠣へと続く・・・|д゚)

「面白かった!」「役立った!」と思ってくれたならポチッと応援お願いします♬