幻の牡蠣「至宝牡蠣」

牡蠣

売り出し即完売!幻の牡蠣

牡蠣


2017/12/10
鳥肌が立った信じられない奇跡の仕入れがありました。
激レア中の激レア。。。


僕はかねがね周りの方に

「仙鳳趾産の牡蠣は日本一旨い!」


と紹介してきました。
もちろん旨いです。鉄板です!


ただね。
そう言ってたのは、コイツが手に入る日がくるとは思っていなかったからです。

この牡蠣が安定して毎年食べられるなら、僕の中で仙鳳趾と並ぶ日本一です!

(手に入らない食材を人に紹介できないのでね)

そしてその牡蠣というのが。。。
北海道は網走、藻琴湖産の牡蠣
その名も「至宝牡蠣」



「至宝なんて大袈裟な」なんて思うかもしれませんが、それには理由があります。


もともと獲れる量が非常に少なく、
漁の期間も例年11月下旬から3週間程とメチャクチャ短いんです。


3週間っていっても、その期間ならいつでも買えるかといったらそーじゃない!
東京への入荷はもちろんないし、地元の人でもなかなか買えない。
予約予約で解禁から3日で3週間分の牡蠣が売切れる年もあります。


ねっ?
激レア感でてきたでしょ?


牡蠣の中の牡蠣。KING OF OYSTER!


ただ一番最初に至宝牡蠣と対面したときは面食らうと思います!
「えっ!?!?ちっさ!!!」とね。
一年物だから小ぶりなんです。
正直ぼくも殻を開けるまで不安でした(笑)


でも開けて納得。
殻を開けると身はビッシリ!大きくふっくらプリプリ!
濃くてまろやかで甘味があり、旨みの凝縮感がハンパじゃないです!

※クリーミーさでは仙鳳趾にはかないません!仙鳳趾とは旨さのベクトルがちょっと違います。


個人的には、この至宝牡蠣は生でももちろん美味しいのですが、「蒸し牡蠣」が一番オススメです。
ほとんど縮みません。何個でも食えます!
見かけたら絶対食べるべき逸品です!


ちなみにこの至宝牡蠣がとれる藻琴湖は、「寒シジミ」も激レアで絶品!
日本トップクラスのシジミがとれます。
「寒シジミ」もいつか食材紹介したいと思います。

「面白かった!」「役立った!」と思ってくれたならポチッと応援お願いします♬